日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症の影響による特別貸付」-酒井江吏香税理士事務所|大阪の融資に強い女性税理士事務所

お問い合わせ

日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症の影響による特別貸付」

こんにちは。
税理士のさかいえりかです。

日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、一時的な業況悪化を来しているみなさまを対象とした「新型コロナウイルス感染症の影響による借入」の取り扱いが始まっています。

対象は、
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況悪化を来し、最近1カ月の売上高が、前年または前々年の同期と比較して、5%以上減少しているなど、一定の要件に該当し、中長期的に業況が回復し発展が見込まれる方に、必要とする設備資金および運転資金の貸付を行っています。

融資限度額は、
別枠6,000万円となっており、

利率については、
基準利率(災害)で、1.36%~1.55%(令和2年3月2日現在)で、
融資額3,000万円以下については、当初3年間、基準利率(災害)より▲0.9%となっています。

また、上記新型コロナウイルス感染症の影響による特別貸付を受けている方で、売上高が15%以上減少しているなど一定の要件に該当する場合には、特別利子補給制度により、実質3年間は、実質無利子化となるようです。

 

売上高が減少し、資金繰りが厳しい、今後さらに厳しくなる見込みの場合など、早めに対策を検討頂くことをおすすめいたします。

詳しくは、こちら、日本政策金融公庫のパンフレットをご確認ください。

酒井江吏香税理士事務所