国税庁から、当面の申告や納税に関するFAQが公表されています。-酒井江吏香税理士事務所|大阪の融資に強い女性税理士事務所

お問い合わせ

国税庁から、当面の申告や納税に関するFAQが公表されています。

こんにちは。
税理士のさかいえりかです。

国税庁から、
国税における新型コロナウイルス感染拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」が公表されました。

個人の確定申告や贈与税の申告など、申告納付期限が一括延長されていますが、一括延長の対象とならない手続き(法人税相続税など)については、従来どおりの期限となっています。

しかしながら、災害その他やむ得ない理由により、申告・納付等を期限までに行うことが困難な事情がある方(企業)については、税務署へ申請をすることにより、個別に延長される制度があります。

今般の新型コロナウイルス感染症に関しては、これまでの災害時に認められていた理由のほか、申告書や決算書類などの国税の申告・納付の手続きに必要な書類等の作成が遅れ、その期限までに申告・納付等を行うことが困難な場合など、個別の申請による期限延長(個別延長)が認められることになっています。

また、新型コロナウイルス感染症の影響による売上が減少したことで、資金繰りが悪化して、
期限までに納付できない場合は、納付の猶予制度を利用することとなり、こちらも個別相談で対応となるようです。

詳しくは、こちら国税庁HPから。

 

酒井江吏香税理士事務所